スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
マスコミ、しつこすぎ。
マビノギにはまりすぎて2日徹夜したら、昼夜逆転してしまって大弱り中です。朝に起きられなくて講義サボっちゃう危険性があるから、今日はもうずっと起きておくの! 夜まで!
だから久しぶりに長文更新しようかな。

それにしても、昨日からJR西日本が宝塚線の運転を再開したわけですが…ここぞとばかりにまた始まったよ、しつこいマスコミのJR叩きが。
もううんざりです。
なんであんなに偏った報道しかできないんだろう、相変わらず。

確かにたくさんの人が不慮の事故で亡くなって、遺族の人はやるせない気持ちでいっぱいだと思うし、もちろん胸も痛みます。JR西日本は取り返しのつかない大失態をおかしたと思うし、二度と繰り返してはいけない事です。
でも、だからといってJRを叩くだけ叩いていたらいいというものではないんじゃないかと。

事故の実態や情報を知る方法は、一般市民としてはマスコミからしかないわけだけれど、だからといって重箱の隅をつつくような報道や、批判しかしないような偏った報道は、もうニュースではないと思います。
近所で嫌われている主婦のあら捜しをして、井戸端会議でその悪口に盛り上がるおばさん連中と同じじゃないかと。
こちらからすれば、笑いながら献花台のそばにいた記者や、JRの上層部に食ってかかる記者たちの方が、よほど馬鹿に見えました。

マスコミが正義な訳じゃないですよね。視聴者が観ていて知らず知らずのうちに善悪を押し付けられているような報道は、やめて欲しいと思うのです。
観ていて決して気持ちのいいものじゃない。
本来あるべき姿は、物事の本質を正確に捉えて、中立的な立場で社会へ流すことじゃないでしょうか。
視聴率を狙いすぎて、あまりにも一方的になりすぎな気が。

今回ニュースを観ていたら、「被害者の遺族はまだ運転再開を許してはいない!」などという報道があったのですよ。
あのね、消費者のニーズにできる限り答えようとするのは、どこの企業でも同じじゃないかと。
JRだって、そんなすぐすぐ再開を決定したのではないでしょう。
安全対策を練り、何度も運転テストをした上で、課題は抱えたままではあるけれども、何もしていなかった訳ではないと思います。
なのに、そういった報道は積極的にはしていないという。
一方的な批判への時間枠は、30分や1時間とたっぷり時間をかけて行っていたのに、運転再開へ向けての報道は、
「JRが新型ATSを設置しました」
「今日から試験運転を開始しました」
など、おざなりに1分程度流すだけ。そして、そのあとはお決まりのように遺族の批判的なコメントの映像でしめくくる。
これじゃあ視聴者は、JRに対して偏見しか持たないですよ。

逆にそういったJRの安全計画のニュースこそ、不安になっている市民にとっては詳しく説明してほしいと思うよ。

なんか書いてるうちに熱くなってきちゃったよ!(´・ω・`)

ボクの卒論は、やっぱりマスコミの過剰報道について書くことにしまする。

スポンサーサイト
【 2005/06/20 08:17 】

| 日記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<今日のワンコ | ホーム | ラビ下級に遠足にいってきました>>
コメント
--- ---

本当に、あの報道にはウンザリです。
ニュースや新聞が、ゴシップ誌やワイドショー化してきてる感が…。
当然、JRも対策を練ったり、対応を行なっています。それに対し、感謝の言葉を述べた遺族の方もいらっしゃいます。
なのに、そういう報道は1行2行隅の方で、批判ばかりが目立ちすぎ。
そんなに人の批判ばかりしなければならないほど、日本人のストレスは溜まってるのかと…。
意識・モラルの低下が垣間見れる。
先日、無理な駆け込み乗車に対してのアナウンスに乗客が食って掛ったという記事を見て、受け手がこういう人種だから一連の報道のような結果になるのかと思う。
某鰹犬 * URL [編集] 【 2005/06/20 08:17 】
--- ---

うんうん。もうね、ほんとにしつこいよね。確かにJRは取り返しのつかないことをしたとは思うけど、だからといってマスコミが延々批判し続けるっていうのもどうなんだ!
この話だけじゃなく、ほんとに世論操作されすぎ。そして今は若貴の話ばっか━━(゚ロ゚;)━━!!
で、どうして駆け込み乗車のアナウンスで食って掛かったんだろうか。すごい不思議。
ちょっと調子に乗りすぎな人種が多いんじゃないだろうか。
自分が正義とでも思ってるのかな。
り。 * URL [編集] 【 2005/06/20 08:17 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memorycia.blog54.fc2.com/tb.php/58-10055eab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。