スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
妖怪大戦争
20050913013837.png

いや、タイトルと画像は何の関係もないんですけどね。

で、豪華出演陣のうちの7割は無駄遣いのような映画だったんですけど、そこそこ面白かったです。製作側も楽しんで作ったんだろうなぁ、と思える映画でした。
ストーリーが面白いわけじゃありません。というより、はっきりいって面白くないです。でも、そういった観方をしてしまうと、最初から最後まで「つまらない」で終わってしまうと思います。
じゃあ何が面白かったのかというと、すねこすりが「エビボクサー」を彷彿とさせるほどハリボテだったとか、すねこすりがラッキーくんに見えて仕方なくて、マギー審司はいつ出てくるんだろうと期待してみたりとか、主人公がどうみてもメタルスケルトンな敵にカウンターやウインドミルをかましていたりだとか、川姫萌えだとか、えええ! これが岡村かよ! とか、なんというかとにかくバカ映画なノリで楽しめました。

ただひとつ、難を言うなら、ここまでバカ映画に仕上げたのなら、最後の最後までほのぼのできる作品にしてほしかったかなと。
主人公の決意を強める要素と、少しは感動を与えるシーンが欲しかったのかもしれませんが、すねこすりをボコボコに痛めつけるっていうのはどうかなと。(ネタバレのため白字)
あのシーンは、反感は覚えこそすれ、感動はなかったですね。
あそこまで楽しんで作っているのなら、あれはいらないと思いました。

というか、一緒に観にいった友達が、分かりやすい映画しか好まない人間だったため、「あれが面白いっていう神経がわからない」とか言われちゃったわけですけども。
ボク映画オタクなんで。ひねくれてます…。
スポンサーサイト
【 2005/09/13 01:54 】

| 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<かーごめかごめ | ホーム | 超久しぶりの更新>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memorycia.blog54.fc2.com/tb.php/240-0ff772bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。