スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
PA0_0007.jpg

いきたい! いきたい! と騒いでいたパンケーキハウスに連れていっていただきました。
ステンドグラスで飾られた内装で、広かったぁ。

PA0_0008.jpg

この左に見えるオムレツに、デフォルトで右のパンケーキが3枚ついています。
とにかく大きい!!
やっぱり日本とはサイズがちがうね!
なんかタバスコがありますが、辛党のナッコが写真に写るように置いてくれました!(・∀・)

PA0_0006.jpg

あと、スーパーにお寿司が売っていたよ!
お寿司っていうかカルフォルニア巻きっぽいですが…
スポンサーサイト
【 2006/03/01 00:49 】

| アメリカ生活 | コメント(0) |
にくぅぅぅ
PA0_0003.jpg

アメリカは脂肪を嫌う国なので、日本とは逆で霜降りのお肉が安く、赤身の肉が高いらしいです。
なので、こんな素晴らしく霜が降ったカルビも格安で手に入るらしく…
本当にめちゃめちゃおいしかったー!!
日本の焼肉屋さんででてくる上カルビと同じ味!
関係ないけどナッコがピーマンをまりまり食べておりました。
擬音をつけるとしたら、本当に「まりまり」が一番よく似合うと思われるくらい、まりまりと食べていました。

BSE問題は? とか言われそうですが、ごはんがおいしく食べられればそんなのはどうだっていいのです!
お肉大好きです!


【 2006/03/01 01:38 】

| アメリカ生活 | コメント(2) |
名前を忘れてしまった(・ω・`)
PA0_0001.jpg

店の名前を忘れてしまったけど、おいしくて有名なお店のドーナツだそうです。
これは生地は揚げてないのかなぁ?
多分だけど、日本みたく生地を揚げてからコーティングしてるんではなくて、生地はパンのように焼いて、そのあとコーティングしてるんだと思います。
だってほんとにふわふわだったから…

ミスドみたく、かじったら生地がポロポロこぼれる感じではなくて、引っ張ったらもっちりとそのままついてくる感じ?
うまく説明ができないけどとにかくおいしかったの!!
【 2006/03/01 01:45 】

| アメリカ生活 | コメント(4) |
ダウンタウン
シカゴの中心地、ダウンタウンへ行ってきたのです。

CIMG1657.jpg

ジョンハンコックセンター(JOHN HANCOCK CENTER)の展望室からみた夜景。
1969年に建設された344m100階建てのビルで、シアーズタワーよりは低いけれど、夜景を見るならシアーズタワーよりも、断然こっちがお勧めらしい。
日本とちがってこんなに高いビルが建てられるのは、地震がないからなんだって。日本じゃあ100階建てとか作っても、地震が来たら倒壊する可能性があるもんね。
姉歯がからんでるかもしれないしね!!

ディナーはヘブンオンセブンという店で食べました。
すごく人気のあるお店だそうで、45分待ちだったかな?

この店、何がすごいって、テーブルに並べられた香辛料がすごい!
というよりも、この香辛料の多さがウリとのこと!
テーブルの真ん中にね、料理が乗らないくらいに香辛料が置いてあるのだ!!

CIMG1637.jpg

こんな感じで…30本以上置いてあったと思う。
ほんとに香辛料を押し退けないと、料理がのらなかったw

CIMG1642.jpg

店の壁はこうなってて、一面ありとあらゆる香辛料で埋め尽くされているという。

CIMG1641.jpg

香辛料の名前と辛さの表。
こう、なんていうか、あんまりよろしくない下品な名前のものが多かったのです(*ノωノ)

料理もおいしかったけど、パンについてきたバターがものすごくおいしくて、超お気に入りに。
辛い料理を食べたあとのクッション用なのか、蜂蜜がはいっていてほのかにあまーいバターなのです。
あんまり気に入っちゃったもんだから、買ってもらってしまいました(´・ω・`)

これ日本でも売ってないかなー。

【 2006/03/09 02:05 】

| アメリカ生活 | コメント(3) |
雪が積もりました!
北海道とかに住んでいる人にはそんなにめずらしくないかもだけど、普段雪とはかけ離れたところで生活しているぼくにとってはすごく新鮮!

雪が降るのはものすごく寒いから、というイメージがあるけど、シカゴでは寒すぎると逆に雪は降らないんだってー。
だから、雪が降っている=いつもよりは暖かい、ということらしいよ。

CIMG1670.jpg

広い! 広いYO!

生まれてはじめて雪かきを経験したんですが、調子にのっていたら次の日腕が痛かった!
ボーリングをしても筋肉痛になる人間だからなぁ…

TS320012.jpg

これはギース(シカゴにはそこかしこにたくさんいる、けっこう大きな鳥)の足跡。

1匹しかいないと「グース」になって、いっぱいいると「ギース」になるんだってさ。
だから、この写真では1匹の足跡なので「グースの足跡」だけど、これが二匹以上の足跡になると、「ギースの足跡」って言うのが正しいらしい。
ややこしい!
【 2006/03/09 03:46 】

| アメリカ生活 | コメント(3) |
リスが!!
PA0_0126.jpg

Lyuteくんの大学を散歩していたら、リスが木の実をモグモグしているところに遭遇!!
野生のリスははじめてみたよー。
というか、リスまでもがアメリカンサイズ!

PA0_0129.jpg

人間に慣れてて、こんなに傍によって写真をとっても逃げないという…
持って帰っちゃうぞ!!
リスだけじゃなくて、スカンクとかたぬきも出没するそうな(・∀・)

PA0_0123.jpg

ちなみにこの建物、どう見てもお城にしか見えないのに、校舎なんだって…
こういうところで勉強できるってちょっといいなぁ。
【 2006/03/09 04:12 】

| アメリカ生活 | コメント(5) |
恐怖体験
Lyuteくんの寮の部屋はオートロックなので、外へ出て扉を閉めたら勝手に施錠されてしまうんです。
そうなると、鍵を持っている人間しか開けることはできなくなるんです。

そんなある日、ぼくはLyuteくんが講義に行っている間に部屋でお留守番をしていました。
トイレに行きたくなったので、少しだけドアを開けてトイレにむかったんです。

スッキリして部屋に戻ると…なぜかドアが閉まっている!!
確かに開けて行ったはずなのに、それはそれはガッチリと、指に喰らい付いたスッポンのごとく施錠されているのです!!
もちろん押しても引いても動かない。

もう大パニックですよ。

なにせ、「ちょっとおトイレへ」の感覚で部屋を出たわけですから、財布も持ってない、携帯も持ってない、コートも着ていない(こっちは連日0度の世界)、そしてすっぴんに足元はスリッパ!!
どこにも行けないわけですよ!!
さらにLyuteくんが戻るまで実に40分も時間があるというね!
仕方がないので、部屋があるフロアかもしくは1階のロビーでぼけーっとして時間を潰すしかなかったんです。
そこで問題なのは、言葉が通じないという精神的恐怖!!!!

もし、不審に思われて話しかけられたらどうしよう、とおびえつつ、あっちへウロウロこっちへウロウロですよ。

ちっこい脳みそを駆使しながら、話しかけられた時のシュミレーションをしてみたりね。

「キー、インサイド! ミー、アウトサイド!」
って言えばきっと通じるだろうな、あ、でも別に鍵は部屋にあるわけじゃないしLyuteくんが持ってるわけだし、そうするとなんだ、「キー、ユニバーシティ!」になるのか、でもそれだとなんか鍵は大学に行ってますってことになっちゃうしLyuteくんは人間であって別に鍵じゃないわけだし、ここは簡単に「アイウォントキー!」でいいのか、でもそれだと明らかに怪しい人物だよね…

などとアホなことを考えていたら、いつの間にか40分たってました。
エレベーターから出てきたLyuteくんを見た瞬間、彼が神様に見えました。

というかね、トイレへ行く間際まで、Lyuteくんがいない間にとばかりにぼくは自分の洗濯物を分ける作業をしていたので、ここで一緒に部屋へ戻ると床に散乱したマイ下着たちとLyuteくんがコンニチハしてしまう状況だったんですよ。
そこでまたパニックですよ。
いくらなんでも殿方に自分の散乱した下着を目の当たりにされるだなんてそんな、おてんとさまが許してもぼくは許さないぞ!
というわけで部屋の鍵を開けてもらったものの
「入ったらあかん! 入ったらあかんねん! 10秒待って! あかんねん! あかんの! あかん!」
と、状況説明もせずに“あかん”を10回ほど連呼し、「???」な顔のLyuteくんを廊下に押しやって下着を回収、事なきをえました。



あとで説明したら、呼吸困難になるかと思われるほど笑われました。
なんか切なかった。

【 2006/03/11 04:18 】

| アメリカ生活 | コメント(5) |
無事に帰国
無事に日本に帰国しましたっ!
帰りの飛行機が両側とも体格のいいアメリカ人で、窮屈な中14時間揺られてつらかったです(@゚Д゚@;)
でも、新作も新作な映画「イーオン・フラックス」が観られたのでそれはラッキーだったかも! 感想は、「セクシーだなぁ」でした。「ものすごいセクシーだなぁ」としか思いませんでした。とてつもなくセクシーでした(しつこい)。
でも、ただ単に顔の好みの問題ですが、セクシーさで言うとバイオハザードのミラジョボヴィッチやトゥームレイダーのアンジェリーナジョリーの方が好き。

で、帰国してから2.3日かなりバタバタしていたのもあり、卒業式当日に38度↑の熱を出すというエピソードがありまして。
しかしながら頭痛と吐き気にさいなまれつつ、フラフラの中で立派に卒業いたしました。
本来ならば感動する場面が多々あったんでしょうけども、友達に寄せ書きを頼まれても、後輩に花束をもらっても、頭の中は「早く帰って横になりたい」でございました。
でもって、卒業式後の祝賀会への出席はあきらめた次第でございます。

帰宅してからもっかい熱をはかったら、39度まであがってた.。゚+.ヾ(´∀`*)ノ キャッキャッキャ。+

これも笑い話になる思い出にかわるはず!!
【 2006/03/23 17:00 】

| 日記 | コメント(8) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。