スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
After Xmas
クリスマスも終わってしまいましたね。
世間はあっという間にお正月ムード。
日本のこの早着替えのスキルはすごいですね。ショップのレイアウトとか一瞬で変えている人たちは本当に大変そうだなぁ。

今年のクリスマスは、大阪梅田にあるキリストンカフェに行きました。

キリストンカフェ

ここすげー。
雰囲気がとっても教会。クリスマスのムードにぴったり! 店の中に祭壇とかあるし、長テーブルにゴシック調の椅子とか置いてあって晩餐会ちっくだし。
しかも料理もカクテルもデザートもおいしくて、お気に入りのお店になりました。

クリスマスディナー

家族とも、こんなかんじでひっそりホームパーティをしました。
丸々ローストチキンとか、こういう日にしか食べることはないけど、切り分ける作業がめんどくさくて苦手です。
同じ理由でカニとかも苦手だ!
食べるのは大好きなんですけど、食べるまでの作業が苦手だ!

ちなみにこのバラのバスケットはボク作です。
フラワーアレンジメントなんて(手伝いはするけど)全くのド素人なんですが、あまった花素材を適当にぶっさしていったらなんか、それなりに見れるものになりました。と、自分では思っています。つもりです。
めっちゃオアシス(花を挿すスポンジみたいなもの)見えてたけども!

さて。
ここのブログでの更新は、今回で最後になります。
1月から渡米するにあたって、親への近況報告用にブログを活用しようかなと思ってたんですけども、ここだとちょっとね。なんというかね。
こんな過去ログ読めばゲーオタ満開なブログなんぞ親に見せられるわけがない!
かといって親にmixiを教えるわけにもいかぬ!
というわけで、新しくいちから違うアドレスではじめることにしました。

日常というものは無意識のうちに過ぎていくもので、記録していなければその日に何をしていたかなんて全く覚えてはいません。
文章を書くのが好きということもあったけど、とりたてて面白みのない1日でも、自分が後で読み返して、この日はこんなことしてた、あの日はこんなことしてた、とその時の気持ちを思い出すきっかけになるかなと思ってはじめたこのブログ。
気付けば2年半も続けていました。
読み返すととても面白い!(自分だけ)
もっと更新すればよかった! 途中からゲームのことばっか! 
そんな感じで新しいところでもマイペースに綴っていこうと思います。
作ってしばらくして気が向いたら誘導リンクを張るですよ。

いち女子のスイーツ脳(笑)でゲーオタ(笑)な(しかしゆとりではないはずだ! た、多分・・・)とりとめのないブログでしたが、コメントをくださった方も、そっと見ていてくださった方も、ここまでお付き合いくださり本当にありがとうございました。

Greetings and sincere good wishes for happiness throughout the coming year.
スポンサーサイト
【 2007/12/27 18:36 】

| 日記 | コメント(6) | トラックバック(0) |
デスクトップにもやしもん
年末ですね! 年末だからどうかはわかりませんが、毎日とってもいそがしすです。
ボクは母親のお手伝い(ふらわぁあれんずぃめんととかをやっている)でありえない量のバラの花のトゲ取りをして、手がやばすなのです。
バラは市場から買った段階では葉っぱもトゲも付き放題なので、生ける前に下葉やトゲを取るのですが、専用のトゲ取りを使えばいいのに茎を痛めて長持ちしなくなるとかで、雑巾を使って絞り取ってます。
そんなわけで、冷たい水&バラのトゲのせいで、ボクの手は無数の傷だらけ&爪も割れまくりに!!
くそー。しばらくはチップ使いになるしかないか・・・(´・ω・`)

それはおいておいて、現在「ネットでガチャガチャ! もやしもん」にはまっております。
なんてかわいいんだ!!
ガチャガチャをまわして菌を集めたら、特定の菌がデスクトップを動き回るのです。
窓を最大化しないかぎりは菌たちは最前面に出てくるので

コントロールパネルにもやしもん

コントロールパネルにラクチスがいたり

ALLiSTEARともやしもん

ALLiSTERのPV観てたらラクチスとクリソゲヌムが相の手をいれたり

LOSTに出演もやしもん

LOST season3に出演したりしてます。
やばい、かわいい。
マウスでドラッグすると全身でピロピロして笑えます。

もうちょっと頑張らないとオリゼーが手に入らないので、毎日かもしてます。

もやしもんとLOSTlg

こんなロゴもでけた!

テーマ:もやしもん - ジャンル:アニメ・コミック

【 2007/12/21 11:23 】

| 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
梱包作業しゅうりょー!
ダンボールの山

ダンボール6箱+ちょっとした家具を今日の午後にアメリカへ送り出します。
現地で提携会社に切り替えられると荷物がどんな扱いされるやら分からないので、引越し業者は現地に直営店のある企業にしよう! と決めてたんですが、日通かヤマトか迷ったあげくにメールのレスポンスの速さをかって日通にしました。
値段を見比べたらヤマトの方がちょっとだけお得だったんですけどね・・・。
税関を通る分、中身の規制が厳しいので、入れていいものと駄目なものの取捨選択がたいへんでした。防虫剤は駄目で防虫シートはOKなのはなんでなんだぜ?

そして梱包作業がしんどくて、映画観ながらやってたら、案の定 映画>>>梱包 になったという。

ダンボールの山を廊下にほっぽり出したらえらく部屋がスッキリした!
年末の大掃除もらくちんそうだー!

テーマ:留学生活 - ジャンル:海外情報

【 2007/12/15 10:34 】

| 日記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
Winter bargain
物欲が高まる季節なのです。
ちょっと外出するたびに、吸い込まれるように店に入ってお金を使ってしまうのです。

人間ってヘンなもので、日本にいると舶来ものが欲しくなるし、逆に外国にいると日本のものが欲しくなる。人間というか私がヘンなのか!?
とはいえ、好みの問題もあるけど、服のデザインなんかは圧倒的に日本のがかわいいと思います。あっちの人たちって重ね着とかあんまりしないし、どこに行くにも車だから、あんまり服装にはこだわらないみたい。
アメリカンブランドで私が好きなのはアバクロかホリスターくらいだけど、それもパーカージャケットかジーンズしか買わないし・・・。アバクロのジャケットは体のラインがすごく綺麗に見えるからいいのです。なんでこんなに細いん? てくらい細いけどorz
きっと骨格が違うのね・・・。

そんなわけでアメリカでもクリスマスシーズンのセールがはじまっているらしく、服は日本でしこたま買うからいいとして、やっぱアメリカのも何か欲しいなっていうわけで。
現地の仲良し兄妹に、「セールに行くのなら!」と熱い視線を送っていると

20081208.jpeg.jpg

人工ルビーのピアスと

adjust2 [640x480]

同じく人工ルビー+0.05カラットダイヤのネックレスをゲッツしてくれました。
しかもびっくりするくらいの安い値段だったらしく。
これはとてもいいクリスマスプレゼント!
特にこのネックレス、一度首元で止まってそこからハートがぶらさがってて、チョーカーのようなペンダントのような不思議なデザイン。
実際に見るのがすごく楽しみだなぁ。

写真もすごく気合を入れて撮ってくれたみたいで(テスト勉強中の息抜きとも言うらしいけど)、ありがとう!

逆にこっちからのクリスマスプレゼント×3人分、何にしようか迷ってしまう・・・。

で、ひさしぶりにアスのおはなし。
といってもプレイしている訳ではないんですが、どうやらGun様も引退することにしたらしく、装備を売っぱらってしまいたいもよう。
オークしたことないから代わりにやって! とお願いされたんだけど、私もこないだのオークで超絶てんぱったわけで。でも張り切ってもう1回てんぱるぜー。

問題は、代理オークって規約違反なのかな? てことだったんですけど、規約読んでみたら代理がダメなのは入札のみで、出品に関しては何も書いてなかったから大丈夫みたいです。
だけど進行は私がしておいて、取引はGunっていうのも何か変な感じだし、もうちょっと打ち合わせしてからオーク板に書くことにします。
【 2007/12/09 17:14 】

| 日記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
Play a game.
というわけで「SAW4」を観てきました。
かなりネタバレ要素を含むので、観る予定のある人は読まない方がいいかも。

このSAWという映画。一作目は、「状況説明が全くないままはじまり、登場人物が少なくて、密室の中だけで話が進み、グロ要素満載で、低予算の製作」という、「Cube」とかなりよく似た作品だなぁと思ったのですが、それにしてもものすごい衝撃を受けました。
ただグロさを売りにしているだけじゃなくって、ちゃんと問題提起もされているし、ホラー映画にありがちな「殺戮していくだけ」のストーリーではなく、ゲームに参加させられた人間には必ず「生き残るためのヒント」が出されています。

だいたいにして、「SAW」ってタイトルが3つの掛け言葉になっているところからセンスがありすぎる。しかも観終わったあとにそれに気付くトリックの仕掛け方が、ほんとに痺れました。

さっき言った「Cube」との共通点は他にもあって、両作品とも、一作目の監督と、続編からの監督が変わっているんですよね。
しかしながら「Cube」の方は、二作目の監督が一作目の設定を根底からブチ壊しまくり、わけのわからんSFものに変えてしまったせいで超駄作になってしまったのですが、「SAW」の方は二作目からもとても上手に設定を引き継ぎ、充分楽しめるものになっていました。

そんな訳で、「SAW」はボクの大好きな映画の1つになったのですが・・・。

たしかに、今回も面白かったです。
面白かったんですが、なんだかジグソウの哲学が忘れ去られている気がしてなりませんでした。
ジグソウの哲学、それは

「I call you unworthy of the body you possess, of the life that you've been given.」
(お前は与えられた命に値しない)
「How much blood would you shed to stay alive? Live or die, ...Make your choice.」
(生き延びるためにどれだけの血を流せるか? 生きるか死ぬか・・・自分で選べ)

つまり、「Those who don't appreciate life do not deserve life(生を尊重しない者は生きるに値しない)」ということなんですが、今回はどう考えてもそれとは全く関係なく、ただただ可哀想過ぎる人がいて・・・。
この哲学に納得ができたからこそ「SAW」は面白かったのに、ちょっとただの猟奇ものに変わっちゃってきてないか? そのへんがとても納得がいきませんでした。
それとも、ジグソウの哲学は受け継がれずに、デスノートでいうところの魅上みたいになっちょるってことが言いたいのんか?

けれど面白く観れたし、なんちゅーーーーメメントばりの時間軸トリックだよ! とものの見事にだまされてしまいましたので、たいへん満足はしました。(ネタバレすぎるので反転推奨)
誰もが思っただろうけど、もう1回観に行って伏線を理解したくなる。
 
何にしろ、「SAW4」は「SAW5」の予告編でしかない感じでしたので、次回にとっても期待してます。ジグソウの哲学はどうなるんだろうね。



But you feel alive. That's what you feel, and that's the point.
A vital piece of the human puzzle. The survival instinct.

テーマ:SAW4 - ジャンル:映画

【 2007/11/23 11:50 】

| 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。